中3数学のおすすめ問題集を比較(総合編)

中3生におすすめの数学問題集

中3受験生におすすめの数学問題集を紹介します。中3数学の問題集にもさまざまなレベルや目的があります。自分にあったものを正しく選ばないと、長続きしないばかりか誤った勉強をしてしまうことになります。参考書同様、慎重に選ぶ必要があります。

 

中学校でも「ワーク」「副教材」として問題集を購入しますが、全生徒一律のものであり、レベルや志望校によって必要な問題集は異なるのが当然です。また、学校(特に公立中学校)のワークは基本〜標準レベルの問題が多く、量も少ないので、高い実力をつけるには不十分です。

 

ですので、きちんと自分にあった問題集を自分で購入し、やらなければいけないのです。

 

以前に比べて最近は市販の問題集も良質のものが出てきています。しかし、決して質が良いとは言えないものまであふれるようになっています。何を選んだらいいのか、わからず私に聞いてくる生徒がたくさんいます。

 

私が生徒におすすめする中で重要視していることは以下の4つのことです。

 

@自分の志望校にあっているか
例えば公立高校志望なら、公立高校レベルの問題が多く編集してあるものを選び、公立高校入試に出ない特殊な問題は載っていないものを選ばせます。生徒は「どの問題が出て、どの問題が出ない」というのがわからないので、すべての問題を解こうとして無駄な時間を費やしてしまったり挫折してしまったりすることがあるからです。

 

A自分の目的に合っているか
「関数を克服したい」と思って問題集を買いにいったものの、たくさんの問題集を目にして、結局どれがいいかわからずになんとなく良さそうだった「定期テスト用」の問題集を買ってしまった、なんていうことは私の知っている生徒たちでもよくあることです。問題集がありすぎて、自分の目的がわからなくなってしまうので、きちんと目的にあったものを選ばせるようにします。また、そもそも生徒は、その問題集が何のための問題集なのかというのがわからないものなので、なるべく私が「関数ならこれ」というのをおすすめするようにしています。

 

B取り組むべき時期があっているか
入試まであと1か月しかないのに300ページ以上にわたる問題集を買ってしまったり、逆に、まだ3年生の夏休み前なのに入試の総合問題集を買ってしまったりと、取り組むべき時期を間違って選ぶ生徒がいます。問題集は取り組むべき時期を想定してつくってあるので、そこを間違ってしまうと効果が出ないし、無駄になってしまいます。

 

C解答・解説が充実しているか
市販の問題集は答え合わせまで自分で取り組むものなので、解答・解説が非常に重要です。しかし、生徒たちは選ぶときに問題の中身だけ見て、解答の方を見ないことが多いです。解説が省略してあったり、ときには「下手」だったりすると結局わからないままになってしまい、取り組んだ意味が全くないことになります。

 

以上のような点に注意して問題集は選ぶ必要がありますが、なかなか自分にあった問題集というのを自分で見つけるのは難しいのです。ここでは、私が上記の点に注目しながら選んだいくつかのおすすめの問題集を紹介します。いずれも私が塾の講師をしながら実際に見たり解いたりしているものなので、間違いなく良い問題集だと思います。

 

他にも定期テスト用問題集単元攻略のための問題集もありますので、併せてご覧ください。

 

また、2016年度の中学校教科書一部改訂により、多くの問題集も改訂が行われています。数学の問題も時代によって新旧はあるので、せっかく購入するのでしたら新しいものをおすすめします。

中3数学の問題集(総合編)を比較

新Aクラス 中学数学問題集 3年

価格(税込)

発売年月

ページ数

1404円

2013/8

237ページ

サイズ

レベル

カラー

A4

 

2色刷り

出版社

購入はこちらから

昇龍堂出版

新Aクラス中学数学問題集 3年

この問題集のポイント

かなりハイレベルな内容となっているので、私立の進学校に進みたい人向けです。基本的なことは理解できていないと難しい問題集です。高校内容も入っており少し先取りをしたいという方にはおすすめです。当然、解説は省略が多く、理解力が求められます。問題集ですが問題量は少なく、別売りのA級中学数学問題集3年をいっしょに購入して、併用していった方がより力がつきます。ただ、ハイレベルな問題集の特徴でもあるのですが、なかなか改訂がなされない点が残念です。

 

 

チャート式 基礎からの中学数学3年

価格(税込)

発売年月

ページ数

1512円

2016/2

343ページ

サイズ

レベル

カラー

A5変版

 

多色刷り

出版社

購入はこちらから

数研出版

チャート式基礎からの中学3年数学

この問題集のポイント

多色刷りですが、色使いのバランスが良く見やすいです。昔からある正統派の問題集で、間違いなく良い問題集です。解説が全問についていて、量が多く年間を通して使えるものですがやはり成績上位層向けです。夏前からコツコツしておくと良いです。自分で解説を読みこんだり、ノートになんどもやり直しをできる生徒にとっては、絶対おすすめです。問題集としてだけでなく、参考書としても使えます。赤シートが付属のため重要事項を確認するのに便利です。この1冊マスターできれば他の問題集はいらないというくらいです。(ただし、少なくとも取り組むのに偏差値60以上はあった方が良いでしょう。)もう少しレベルを抑えたい、直接書き込みたい生徒は「自由自在」の方をおすすめします。

 

 

塾で教える高校入試数学 塾技100 新装版

価格(税込)

発売年月

ページ数

1728円

2016/7

224ページ

サイズ

レベル

カラー

B5

 

2色刷り

出版社

購入はこちらから

文英堂

塾で教える高校入試 数学 塾技100 新装版

この問題集のポイント

「Z会の現役講師が教える」という売り文句がなんとも魅力的な問題集ですが、実際は塾でしか教わらないような技もあれば、学校で当たり前に習うものもあります。レベルは公立高校から私立まで上位の進学校志望者向けです。習う順番ごとではなく、関数・図形などの系統でわけられており、中3の後半(秋〜冬)にやるのに適しているといえます。分厚さのわりに問題の量は少なく、技の解説が長い印象です。中3後半になって、解説をしっかり読み込めるようになれば活躍するでしょう。チャート式よりも、より短期間で効率よく学びたい人向けです(その分、内容はコンパクトですが)。問題の答えと解説は充実しています。

 

 

中学 自由自在問題集 数学

価格(税込)

発売年月

ページ数

1620円

2014/2

160ページ

サイズ

レベル

カラー

B5

 

2色刷り

出版社

購入はこちらから

受験研究社

中学自由自在問題集 数学

この問題集のポイント

まとめノート、実力問題、発展問題の3部構成で、実力問題までが公立高校の入試問題から、発展問題が私立の入試問題も含めて編集してあります。「自由自在」参考書に準拠しているので、一緒に取り組むことで難しい問題を調べながら練習できます。参考書を買うならばいっしょに買っておいた方が良いです。解説も全問付きで、赤と黒に分けられているので見やすいです。ページ数のわりに問題が多いので、夏休みごろから始めるのが良いと思います。年間を通して幅広い学力に使えますが、特に公立・私立上位校を目指そうという生徒に最も効果的でしょう。
自由自在 参考書はこちら

 

 

中学1〜3年 標準問題集:3ステップ式

価格(税込)

発売年月

ページ数

1026円

2016/2

120ページ

サイズ

レベル

カラー

B5

 

2色刷り

出版社

購入はこちらから

受験研究社

中学1~3年 数学 標準問題集

この問題集のポイント

単元ごとに基本問題・標準問題があり、章ごとに実力問題があるという構成。標準問題は公立高校レベル、実力問題は私立進学校レベル。問題量は少な目なので、1か月ほどあればやりきれる量です。1冊やるだけでは不十分で、年間を通してやるというよりも冬休みごろにまとめてやるのが良いでしょう。解説が丁寧ではないので、ある程度のレベル(偏差値50後半くらい)がないと難しいかもしれません。

 

 

高校入試 合格でる順 数学 四訂版

価格(税込)

発売年月

ページ数

1188円

2015/9

144ページ

サイズ

レベル

カラー

B5

 

2色刷り

出版社

購入はこちらから

旺文社

高校入試 合格でる順 数学 四訂版

この問題集のポイント

青黒の2色刷りで、問題、解説ともに非常に見やすいです。解説は全問ついています。レベルは平均より少し上くらいです。問題が全て入試問題を使っているのが良いです。そのあたりは、さすが全国の高校入試問題を扱っている旺文社です。問題量はくもんよりも多めで、冬休み前くらいから始めると良いでしょう。今年度も9月に改訂がなされる可能性があるので、9月まで購入を待って最新版を購入するのも良いでしょう。

 

 

 

入試実戦力の完成ーくもんの高校入試完全攻略トレーニングA−

価格(税込)

発売年月

ページ数

1080円

2012/3

127ページ

サイズ

レベル

カラー

B5

 

2色刷り

出版社

購入はこちらから

くもん出版

入試実戦力の完成

この問題集のポイント

下の「中学数学の総復習」とセットの1冊です。レベルはこちらが少し高く、公立高校レベルの問題をドリル形式で練習するものとなっています。価格が高い方ではないので、平均レベルの生徒は本書と「中学数学の総復習」の2冊をやり遂げるのが良いと思います。問題の量も飽きない程度で良いと思います。やはり解説はきちんと全問ついています。最新が2012年版なのが残念ですが、含まれている問題の質は確かなものです。

 

 

中学数学の総復習ーくもんの高校入試完全攻略トレーニング@−

価格(税込)

発売年月

ページ数

1080円

2010/6

151ページ

サイズ

レベル

カラー

B5

 

2色刷り

出版社

購入はこちらから

くもん出版

中学数学の総復習

この問題集のポイント

3年間のまとめを1冊にしたもので、平均レベルの生徒がよりレベルアップを目指して取り組むのにちょうど良いレベル、量です。解説も全問ついていて、取り外して使えます。量がそれほど多くないので、冬休み〜入試前に取り組むと良いでしょう。ただし、2010年出版と少し古くなってきているのがマイナスです。

 

 

これで完成! 高校入試対策 合格BEST本 数学

価格(税込)

発売年月

ページ数

799円

2014/10

128ページ

サイズ

レベル

カラー

B5

 

2色刷り

出版社

購入はこちらから

新興出版

合格BEST本 数学

この問題集のポイント

「くもんの中学数学総復習」との比較対象となりうるのがこちらです。同じく平均レベルの生徒にちょうど良いです。解説はくもんよりも詳しいです。問題の横に解き方やアイコンがあるのでわからない問題をすぐに調べたい人にはこちらがおすすめです。逆に自分でゆっくり考えるタイプの人には、くもんの方がすっきり問題が見やすいです。合間合間に入試問題を使ったテストが入っているのもgoodです。

 

 

中3数学 完全攻略

価格(税込)

発売年月

ページ数

1296円

2012/3

192ページ

サイズ

レベル

カラー

A4

 

多色刷り

出版社

購入はこちらから

文理

完全攻略 中学3年 数学

この問題集のポイント

塾専用教材を多く手掛ける出版社である文理の教材。
基本問題、標準問題は1ページずつ、その後に見開きで実戦問題があるという構成。問題量は少なめでレベルも低めなので平均的なレベルの中3生にとって良い問題集です。章ごとに章末問題も準備されているので、そこで理解を確認&さらに力をつけられます。赤シート付属もgoodです。取り外せる解説が付いていて、詳しく解説してあります。直接書き込み式なのが中学生にとってやり易くて良いですね。無理なく、公立高校や私立中間校合格を決めたいという人に向いています。

 

Sponsored Link

関連ページ

中3おすすめ問題集(定期テスト編)
中3定期テスト用におすすめの市販の問題集を解説。レベル、構成、解説の読みやすさなどをしっかり比較。定期テスト用は市販されている量が多いので、きちんと自分にあったものを選んで成績をあげましょう。
中3おすすめ問題集(単元編)
中3生の苦手単元克服におすすめの問題集を紹介ます。図形・関数など単元ごとに分かれた問題集で、じっくり勉強することで苦手を克服しましょう。