単元克服型の数学問題集を選ぶ

中3単元攻略におすすめの数学問題集

中3生で苦手単元攻略をしたい人におすすめの数学問題集を紹介します。レベルや問題・解説の良し悪し、問題量などから自分に合った問題集を見つけましょう。

 

苦手単元を攻略するのには、時間がかかるのであせらずじっくり取り組むようにしてください。また、解説が充実したものを選ばないと結局わからないままになってしまう恐れもあるので、解説は重要です。

 

また、苦手単元の克服はまとまった時間に集中して取り組むべ夏休み冬休み、または定期テストが終わってからなど、時間が取れるときに計画的に行いましょう。

 

書店にもたくさんの問題集がありますが、私がおすすめするもののポイントは以下の3つです。

@入試に通用するもの
例えば「苦手な関数を克服」という問題集でも、簡単な関数を穴埋め式などでやらせて「できた気にさせる」問題集は良くありません。
A苦手克服に十分な練習量があるもの
苦手克服には、たくさんの練習が必要です。練習問題の量が充実しているものを選んでいます。
B解説がきちんとしているもの
苦手な単元ですので、間違える問題や解けない問題がたくさん出てきます。そこで、解説がないと結局わからないままなので、読みやすく分かりやすい解説がついているものを紹介します。

 

苦手単元を克服して、それを得意に変えてしまう=点数アップ、ライバルに勝つ!

 

さぁ、苦手を克服するという強い決意で問題集を選びましょう!

中3単元克服型の問題集を比較

学研 パーフェクトコース問題集(数量・関数編)(図形編)

価格(税込)

発売年月

ページ数

1620円

2016/2

143〜144ページ

サイズ

レベル

カラー

B5

 

2色刷り

出版社

購入はこちらから

学研プラス

パーフェクトコース問題集(数量・関数編)

パーフェクトコース問題集(図形編)

この問題集のポイント

「苦手」を克服するというより基礎はわかっているので実戦力をつけたいという人におすすめの問題集です。レベルとしては公立進学校から私立まで対応しています。中学3年間の内容なので、中3夏休みごろから少しずつ始めるといいでしょう。冬休みなどに仕上げるのも良いと思います。量・厚さもちょうどよいので、1冊しあげておくと入試に役立ちます。解説も全問つきでgoodです。ただし、苦手単元が基礎から全く分かっていない人には向いていませんので、注意してください。

 

中学総合的研究問題集 数学

価格(税込)

発売年月

ページ数

1620円

2013/1

160ページ

サイズ

レベル

カラー

B5

 

2色刷り

出版社

購入はこちらから

旺文社

中学総合的研究問題集 数学 改訂版

この問題集のポイント

学研のパーフェクトコースとレベルとしては同じくらいです。学研が2冊になっているのに対してこちらは1冊の中に図形編・関数編というように分かれています。解説もきちんとあり、充実しています。やはり完全に「苦手」というより実戦力をつけていきたい人向けです。2016年度に改訂がなされていないのが残念ですが、問題の質は良いです。学研との大きな差は2冊か1冊かなので、出費を抑えるならこちら、たくさんするなら高くなるけれど学研を2冊、図形(関数)だけでいいなら学研を1冊という感じです。取り組むべき時期や期間も同じです。

 

 

2017-2018年度受験用 全国高校入試問題正解 分野別過去問 数学

価格(税込)

発売年月

ページ数

1512円

2016/6

127ページ

サイズ

レベル

カラー

B5

 

白黒刷り

出版社

購入はこちらから

旺文社

2017-18年受験用<図形>はこちら
<数と式・関数・資料の活用>はこちら

この問題集のポイント

旺文社が出す「全国高校入試問題正解」の分野別バージョンです。最新の入試問題を分野別に編集しているのがとても良いです。本書の中に解き方の解説などはないので、苦手克服というより、実戦力をつけたい人向けです。解答の方はきちんと全問に解説がついています。冬休みごろには取り組みたい1冊です。レベルとしては公立高校を目指す生徒用です。偏差値60以上の高校を目指すならば、やっておくと良いと思います。

 

 

くもんの中学基礎がため100% 中3数学(計算・関数編)(図形編)

価格(税込)

発売年月

ページ数

1080円

2012/2

127ページ

サイズ

レベル

カラー

B5

 

多色刷り

出版社

購入はこちらから

くもん出版

くもんの中学基礎がため(計算・関数編)

くもんの中学基礎がため(図形編)

この問題集のポイント

問題が易しく、解き方の説明も丁寧です。字も大きくて見やすいので、本当に苦手を練習したいという人におすすめです。平均点にちょっと届かない人向けです。10段階で3〜4くらいのレベルの生徒がちょうど良いと思います。ただし、問題の量としてはそこまで多くないのでこれを1冊やりとげただけでは入試レベルにはたちうちできませんので、これを1冊やったら、入試に向けては次のステップの問題集に取り組む必要があります。

 

Sponsored Link

関連ページ

中3おすすめ問題集(総合編)
中3数学のおすすめ問題集を解説します。数学の問題集も、レベルの違いや解説の良し悪しなど様々です。大手塾講師数学指導歴10年以上のKがそれぞれの特徴を比較して紹介します。
中3おすすめ問題集(定期テスト編)
中3定期テスト用におすすめの市販の問題集を解説。レベル、構成、解説の読みやすさなどをしっかり比較。定期テスト用は市販されている量が多いので、きちんと自分にあったものを選んで成績をあげましょう。