定期テスト前の数学の勉強法について

定期テスト前はこう勉強する!数学の勉強法

ひとくちに数学の勉強法と言っても、普段の勉強と、定期テスト前、夏休み期間、高校入試前などでは勉強する内容も違えば、扱うべき教材も全然違います。

 

どんな勉強したらいいかわからない

 

とりあえず適当に勉強している

 

という状態では、どのテストでも点数が取れないのは当たり前です。ここでは、定期テストで高得点を取るための前の勉強法について解説したいと思います。今まできちんとした勉強法を確立していなかった人は、きっと今までで最高の点数(自己ベスト)が取れます!

 

定期テスト対策は2週間前から始める!

多くの学習塾ではだいたい2週間前から定期テスト対策というのを実施します。これは、約2週間前に定期テストの範囲が確定する学校が多いというのと、、塾は「定期テスト対策講座」というのを実施することで新規の子どもたちを獲得しようとするからです。

 

よって、自分自身の定期テスト対策も2週間前から始めましょう。高得点を取るためには2週間は必要です。

 

しかし、2週間もあると思ってはいけません。数学以外の他の教科も含めて2週間で理解してしまうのは、かなり大変なことなのです。

 

勉強を始める前にきちんとした計画を立てることが重要なのです。

 

まずは、計画をしっかり立てよう!

定期テスト前は漠然と勉強してはいけません。2週間の計画を立ててから勉強を始めましょう。

 

計画といっても、細かすぎる必要はありません。例えば、

 

○月○日までに学校教材を終わらせる

 

△△の単元がよくわからないからここの土曜日に徹底的にやろう

などでオッケーです。最初に、

 

  • 今わかっていないところ
  •  

  • 今回、範囲が広そうな教科
  •  

  • 理解に時間がかかりそうな教科

 

 

などをあぶりだしておくと効果的な勉強ができます。

 

まずは教科書を一回読み直す!

さぁ、テスト勉強を始めよう

 

と言っていきなりワークに取り掛かるのは、待ってください。まずは、教科書を読みなおすことが最も大切です。

 

いきなりワークを始めても、結局やり方を忘れていて、教科書を見ることになったり、

 

答えを写すだけになったりします。

 

よく、答えを赤で(ひどい場合は自力で解いたふりをしてシャーペンで)写してワークをやりっぱなしにする子どもがいますが、これでは全く意味がありません。

 

時間の無駄でしかありません。仮にテストに全く同じ問題が出たとしても解けないでしょう。(テストでは当然、「全く同じ」問題は出しませんが)

 

テスト対策はまず、教科書を読みなおし、時には教科書の例題や問題を解いてみてから始めるのです。

ワークは3回解く!

学校の先生も良く言います。ワークは3回以上解きなさいと。

 

これは絶対のルールです!

 

はっきり言って、ワークを3回解くことができれば、高得点を取るための条件の7割くらいは達成しています。

 

ですが、これをできない子どもたちが非常に多いんです。

 

ワークをささっとやって、わからないところはすぐ答えを写して、塾では

 

「先生なんかプリントちょうだい!」って言ってくる生徒は本当に多く、

 

そういう子どもたちに限って点数を取れません。

 

3回解くと言っても、同じように解く必要はありません。3回の解き方はこうです。

 

1回目…普通に解く。解けない問題は空けておく。
答え合わせの方法は、解けた問題は○、間違えは×を入れてチェックを入れておく。空欄はチェックを入れておく。
解説を読んで理解できてから、赤で答えを写していく。

 

2回目…前回解けた問題は解く必要なし。前回間違えた問題、空欄の問題のみをノートに解く。
答え合わせは、あっていればOK.間違えていれば再度チェック。

 

3回目…テストの2〜3日前に2回目と同じ問題を再度ノートに。
答え合わせをして出来なかった問題は弱点。必ず先生に聞くか調べて解けるようにしておく。

3回を解くころには、答えを覚えてしまっているかもしれませんが、それでよいのです。むしろ答えを覚えてしまうくらいでないと意味がありません。

 

また、2回目までは少なくとも1週間前に終えておきましょう。その後の勉強にゆとりがでます。

 

ワーク、教科書が完璧になったら問題集を!

ワークを3回解いて、教科書レベルの内容はほぼ完ぺきになったら次は問題集に取り掛かります。この時はもうテストまで残り3日といったところです。すでに高得点の予感がしていると思います。

 

問題集は、塾などでもらったり、自分で1冊用意しておいたりします。

 

その中で、解き方に100%自信がないものだけを解くようにします。この時点で、すでにある程度の問題は見ただけで解けるかどうかわかるようになっています。

 

わからない問題も、解説を見て理解できるようになっているはずです。

 

ここからがどんどん力がつく期間なのです。他人と差をつける期間です。解ける問題が飛躍的に増えていきます。

 

テスト前日はペンを持つな!

テスト前日、最終的な仕上げの作業に入ります。この時最も大切なのは、

 

ペンを持たないことです。

 

前日はペンを握って問題を解く時間はいりません。問題を解く時間がもったいないです。それよりも、今までワークや問題集で解けなかった問題を見て覚えるんです!

 

新しい問題を目にして解けない問題にあわててもいけないですし、知識が混乱してもいけません。今までの知識や解き方などを固める作業に入ります。

 

これで、あなたのテストは万全です!さあ、あなたも2週間を上手に使って過去最高点をたたきだしましょう!

 





関連ページ

数学と算数の違い
数学と算数の違いは何?どうして数学を学ぶ必要があるのかなどを解説。大手塾で数学専任講師として10年以上指導しているからわかる!
中学校の数学
なぜ算数はできていたのに数学になると急にできなくなるのか。それは、学校の授業の進め方が違うからです。学校の授業の実態を教えます!
数学に才能は必要か
数学は才能がものをいう教科なのか。大手進学塾数学講師10年以上のKが本当の数学力について徹底解説!
中3夏休みの勉強法
中3夏休みの過ごし方、勉強法を大手進学塾数学専任講師Kが紹介します。受験生だからきちんと計画を立て、やり抜くことで合格を手にする!