中学校の数学の授業の進め方

中学校で教える数学とは

小学校までは算数のテストで割と90点くらい取っていたのに、

 

中学校の数学になったら急に平均点くらいしか取れなくなったんです。

 

受付や面談で困った顔でお母さんが話します。

 

なぜなのでしょうか?

 

簡単です。授業の進み方が変わったからです。

 

授業が進むのが速くなったからではなく、進み方が変わったからです。

中学校の授業の進み方というのは

@ゆっくり進む時期もあれば、急に授業スピードをあげる時期もある
A生徒が理解出来ているか否かに関わらずカリキュラムを終わらせる

@は、例えば一学期が顕著です。

 

学年が変わって最初の内は、いろいろな行事(運動会や学級活動)が入ってきて、授業が変更になるなどしてゆっくり進みますが、しばらくして期末テスト前になると、範囲までを終わらせる必要があるため

 

急激に

 

授業スピードを上げます。または中には、扱わないで「やったことにする」単元なども出てきます。

 

子どもたちはゆっくり進む授業展開に慣れてしまっているため、

 

集中して授業を聞かなくても分かる

 

復習なんかしなくても分かる

 

と勘違いしてしまい、スピードが速くなって理解出来ていないことに気付いたころには手遅れになります。

また、数学はちょうどそのころにどの学年も、難しいとされる文字式(中1)、連立方程式(中2)、平方根(中3)に入ります。計算ばっかりだった最初のころと同じ姿勢では、ついていけなくなるのは当然です。

 

 

Aは、小学校と違い、生徒が理解できているかどうかをあまり気にしなくなります。これは私の経験上なのですが、どこの中学校も同様の傾向が見られます。理由の一つには担任がほぼ全ての教科を教える小学校と違い、中学校では教える側の責任感の希薄さが出ていることがあると思います。

 

実際、子どもたちからは、

 

学校の数学の先生はテスト前は自習させて自分は本を読んでる

 

元気な(うるさい)生徒とばっかり話をして授業が進まない(一部の生徒とばっかり盛り上がっている)

 

などという

 

信じられないような声も良く聞きます。

 

もし、保護者の方がこのサイトを見ているならば、ぜひ子どもに学校の授業の様子を聞いてみて下さい。そして、本当に自分の子どもの成績が上がるような授業が出来ているのか考えてみて下さい。

 

もしかしたら、自分の勉強は自分でしなくてはいけない環境に置かれているかもしれません。

 





関連ページ

数学と算数の違い
数学と算数の違いは何?どうして数学を学ぶ必要があるのかなどを解説。大手塾で数学専任講師として10年以上指導しているからわかる!
数学に才能は必要か
数学は才能がものをいう教科なのか。大手進学塾数学講師10年以上のKが本当の数学力について徹底解説!
定期テストの数学の勉強法
定期テスト前の数学の勉強法を徹底解説!大手進学塾数学専任講師歴10年以上のKが数学が苦手な子どもたちのために、正しい勉強法を伝授!
中3夏休みの勉強法
中3夏休みの過ごし方、勉強法を大手進学塾数学専任講師Kが紹介します。受験生だからきちんと計画を立て、やり抜くことで合格を手にする!