数学と才能、勉強法について

数学は才能で決まる教科なのか

どうせ自分には数学の才能がないから…

 

あいつは天才だから勉強しなくてもできるもん…

 

数学を教えているとこういったあきらめの声をよく聞きます。

 

確かに、勉強をあまりしなくても難しい問題をさらっと解いてしまう子どももいます。逆に何回同じことを教えても少し数字が変わるだけ、または聞かれ方が変わるだけで思考が停止してわからなくなってしまう子どももいます。

 

そこに差が生じているのはまぎれもない事実です。数学にも才能のある人、ない人がいます。

 

でも、それは他の教科やスポーツでも同じことですよね。上のようなセリフをいう子どもたちは、結局才能のせいにして数学を避けているだけです。

 

好きなことだったら多少難しい、苦しいと感じても続けられるのに数学は嫌いだから、才能がないといって簡単にあきらめるのです。

 

才能があるかないかにこだわっても仕方ありません。高校入試のためには誰でも乗り越えないといけない教科なのです。

数学は訓練だ!

才能がないから高得点を取ることは無理である…

 

これは、違います。私が見てきた生徒の中にも、はじめは数学で100点満点中20点くらいだったのが

 

高校入試では得意教科として8割以上の正答率を出した人もたくさんいます。

 

その子たちは、それまでただ数学の勉強の仕方を知らなかったため、点数が取れなかっただけなのです。

 

きちんとした勉強法と教材を準備し、根気強く努力すれば必ず数学の点数は取れるものです。

 

それを、多くがセンスだとか才能のせいにしてあきらめてしまっているのです。

 

実にもったいない話です。

 

確かに、高校数学や専門的な話になると数学の才能(センス)は必要になってきます。

 

しかし、中学数学はまだ、基礎・基本の段階です。才能で決まるところではありません。

 

はっきり言って、中学数学は訓練で決まります!

 

いかにたくさんの量を解いたか

 

難しい問題もあきらめずに解いたか

 

良い先生に学んだか

 

で決まります。

 

正しい勉強法をして、量をこなせば高得点が取れる教科です。

 

私が紹介する解き方をしっかり身につけてみて下さい。

 

中学数学は才能ではないとわかるはずです。

 

 





関連ページ

数学と算数の違い
数学と算数の違いは何?どうして数学を学ぶ必要があるのかなどを解説。大手塾で数学専任講師として10年以上指導しているからわかる!
中学校の数学
なぜ算数はできていたのに数学になると急にできなくなるのか。それは、学校の授業の進め方が違うからです。学校の授業の実態を教えます!
定期テストの数学の勉強法
定期テスト前の数学の勉強法を徹底解説!大手進学塾数学専任講師歴10年以上のKが数学が苦手な子どもたちのために、正しい勉強法を伝授!
中3夏休みの勉強法
中3夏休みの過ごし方、勉強法を大手進学塾数学専任講師Kが紹介します。受験生だからきちんと計画を立て、やり抜くことで合格を手にする!